製品紹介|テーパーシャンクカッター

テーパーシャンクカッター

テーパーシャンクカッター 

一般的には機械彫刻用カッターと呼ばれるスタンダードなカッターで、規格のテーパーシャンクです。
材質はハイス、超硬、超微粒子、超々微粒子などがあります。

SR-S1 あらゆる被削材に対応する大変使い勝手の良い超微粒子です。
硬度と靱性のバランスが良いオールマイティーなカッターです。
SC 非常に靱性が高く、抗折力に優れた超硬です。
切削後の仕上がりの美しさも特徴のひとつです。
SR-AF1 特に細かい彫刻に向いており、番手の細かい砥石(#800くらい)で刃付けをしたときの切れ味は抜群です。

※SRは超微粒子、SCは超硬、AF1は超々微粒子をあらわします。

寸法
A 刃径 3.0Φ 3.5Φ 4.2Φ 5.2Φ 6.2Φ
B 刃長 20.23.24㎜
C 全長 43.46.47㎜

3.2.3.5.4.2Φは、刃長の寸法が20㎜で全長43㎜
5.2Φは、刃長が24㎜で全長47㎜
6.2Φは、刃長が23㎜で全長46㎜

画像
SRT-S1・SRT-AF1
画像
SR4ΦS1・SR4ΦAF1
画像
SR5ΦS1・SR5ΦAF1
画像
SR6ΦS1
画像
ハイス180°
画像
ハイス90°・120°
画像
ハイス2Φ(先端7㎜半割)
画像
ハイス3Φ・4Φ・5Φ
(先端7㎜半割)
画像
ハイス6Φ(全半割)
画像
ハイス・超硬・超微粒子
画像
ハイス・超硬・超微粒子
画像
ハイス・超硬・超微粒子
ページ上部へ